スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.12.12 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    自己ベスト更新と宅建合格

    0
      11月25日、つくばマラソンを走った。フル6回目である。
       自己ベストを2分41秒縮め、3時間16分2秒のネット。10kmで42`39,20kmまで42`54、
      中間点で1`32`42秒、 30kmまで46分といつものように前半で稼いだ。ハーフのベスト
      でもあった。
       最近25kmまでしか長距離をやっていなかったので25km過ぎに不安であったが、持った。
      後半も5分/kmで刻めた。
       13km過ぎに右ひざに違和感が出たがフォームを修正し違和感が消えた。それ以上にやば
      かった のが32km辺りの意識が少し混濁。今までレース、ロングの練習で経験があるが、
      ペースを落とすと 戻った。
       練習不足の中、自己ベストが出たので、相性がいいコース。2か所以外は、超フラット
      だった。 前半バナナを一回取ったが、他の給水POINTでは水のみを全て取った。
       行きのTXの中で前に座った2人は、サブ3ちょいの実力。トレイル、トライアスロン、
      ウルトラも やる方が1名。二人とも月間200劼35kmのペース走で臨んでいた。それが
      正しい姿勢だと思う。

        先週5日に、宅建の合格発表があった。自己採点で各種学校の予想合格ラインを上回っ
      ていたので、 大丈夫と思っていたが、何かあるかもしれず、正式発表まで親しい方以外、
      OPENにしなかった。
       最短で開業すべく、オフィス探しと申し込み、必要書類は整えた。次に「登録実務講習」
      を受ける 必要があり、自宅学習の期間が一か月、最も早い講習が1/8,9である。その後
      登録、東京都と保証協会 に書類提出、認可の流れである。
       順調に行って、2月後半の開業になる予定である。並行して、会社 の移転、約款の目的
      追加、増資の手続きを行う。
       忙しくなる中、ランニングは続行。フルは、1月の勝田と3月の佐倉をエントリー済み、
      2月に 神奈川ハーフ(磯子)も走る予定。

      ゼロ関門と猫さんの考察

      0

          つくばマラソンは24日(日曜)10時からRUNNETでのエントリー
        であった。1時間10分で完了した。数分前からサイトを訪問した
        が、待たされた。システム、どうにかならないものか。ピークは
        予想出来るので、クラウドを利用し、ピーク時はサーバーを増や
        して欲しいものだ。
         最近のマラソンブームで、エントリー出来た事を、「ゼロ関門」
        クリア、もしくは「クリック合戦」と言う事を友人から教わった。

         秋からのランニングシーズンにフルマラソンは3回とした。
        2年連続参加した湘南国際マラソンは、翌日ボランティアの
        駅伝大会の設営の為、断念した。記念に走った東京マラソン
        も混み過ぎで経験したのでPASSの予定。
         記録が出ると言われている11月25日のつくばマラソンと
        今年走って気に入った、1月の勝田と3月の佐倉にする予定。
        2ヶ月毎であるし、練習しやすい。

         ランナーズの8月号に”猫ひろし”さんの記事があった。身長
        147僂如▲戰好肇織ぅ2時間30分、202歩/分とあった。昨年1月
        の湘南国際マラソンで猫さんがハーフで折返して来たので見かけた。
         ピッチが気になり、フルマラソンのベスト3時間18分と皇居や
        距離表示がある周回コースで100mの歩数(75歩)から計算すると、
        私のピッチは、160歩/分である。約2割も違うがタイムは32%かか
        っているので、ストライドは猫さん1.39m/歩、私1.33m/歩と負けて
        いる。私は一軸のストライド走行を心かげているが、両方負けて
        いるとは・・・・。
         早い人は、バネが証明された。やはり、サブ3は、走り込みと
        スピード練習の2つであるのも記事から読み取れた。


        ランニングフォームの考察とVitamix

        0
           TBSの「情熱大陸」5/6の放送は、ロンドンオリンピックマラソン 選手の藤原新さん
          だった。自分を追い込み結果を出す姿は共感する ものがあった。私も市民ランナーの
          端くれとしてフォームに関し、 とても勉強になった。フォームは一点、腰の高さを意識
          していると。 前走の自転車を漕いでいる人の腰の辺りに、iPadを括りつけ、リアル タイ
          ムで(もちろん録画して後程チェック)見ながら走っていた。
           この番組を見た後、走っていて腰、膝、脇腹に違和感が出る気配が あったり、後半ス
          トライドが伸びなくなると、腰の高さを意識すると 違和感が減ったり、無駄が少ないフォ
          ームに戻った。
           ゴルフのスィングは、アドレスからFINISHまでは、5秒もかからない。 一連の動作
          なので、意識・修正するのは一点が基本だ。
           ランニングの方は、一点(何度も言うが”腰の位置”)の修正後、 他のポイントもスタ
          ミナに余裕があれば修正可能だ。

           5/13、我が家にVitamixが届いた。5/12に大船LUMINEでデモがあり 見に行って評判
          通りなので、その場で購入。37,000回転/分の威力で、 アイスクリームから暖かいスープ
          まで作れる。(詳しくはWEB参照)
           家内が雑誌と新聞で見つけ、LUMINE10%OFFも使えたので大満足!
           5/11までは、平日ジューサーで人参&リンゴを絞り飲んでいた。 今後、皮ごと人参と
          リンゴ、それに季節のフルーツを加え、ホール フードに変更。種や皮も一緒に砕くので
          捨てる部分が少なくなりコス パが上がった。
           健康に何処までいいのかは、使わない分身がいないので比較出来ないが、気持ちの上で
          は余裕が出来、Good! 7年保障も背中を押された。

          3/25のフル4/15のハーフとも自己ベスト更新出来ず2番目のTIME・・・

          0
            【佐倉朝日マラソン】フル5回目、2番目のタイムが出て自己ベストは更新出来ず。
             前半のハーフは1`32`54と自己記録の勝田より1分17秒早かった。10km位までは、
            3時間のペースランナーが見えていた。10km 43`30,20km 44`30,30km 50`18,40km 
            55`01,FINISH 12`12。チップでの計測はSTARTとGOALのみ。しかし、1km毎の表示
            とハーフで時計が置いてあったので十分!
             天候は、スタート時予報は7°前後だったが13°と上がり、晴れ無風。後半は向か
            い風で曇り、小雨が降り出し、終わった後バス停までは小さな”ひょう”まで降って
            来た。
             25km過ぎから、脚が前に出なかった、息は苦しくない。33km過ぎからは、峠
            走り以降筋肉を傷めた、左腰骨の辺りが痛みだし、時々押さえて走った。

             東京マラソンでもそうだったが、後半に課題を残した。それ以上に今年になって
            3か月月に一回フルマラソンの大会は、やり過ぎだと感じた。出る大会を考えよう。


            【東日本国際親善マラソン】月例を除いてハーフ3回目の出場。スタートが12時と遅く、
            家内と初めて一緒に向かった。米軍基地内なので、ゲートでPASSを見せないと入れない。
            2周と4/3のコース。ほぼフラット。スタートの気温は24°と高め。

             前の方から出られスムース、5km毎のタイムは20`53,22`47,22`40,28`43(6.1km)
            であった。左腰の違和感から先週の日曜以来走っていないので、最初の入り、心肺がきつ
            かったが、周りの影響でスピードを出してしまった。その後は、4`30/kmのペースを維持
            出来ず自己記録は更新はならず。一昨年の初の公道レースであった、横浜マラソンのタイ
            ムは超えた。

             走っている時に左腰の違和感はなく、後半右膝が痛かったが、今はOK。左腰の違和感は
            残っている。次の大会は、エントリーしていない。
             
             今年後半からのシーズンでは、11月のつくば、1月の勝田、3月の佐倉に出ようと思う。
            前のシーズンに出た湘南国際、東京は10500円と高く、人数が多すぎる。つくばは5000円
            で勝田と佐倉は4000円である。

            最近のランニング(ブログをサボっており・・・)

            0
              【JogNote】をランニング仲間から教えてもらい、昨年の8月から記録 してい
              る。"yanochi"のアカウントで検索すると、OPENにしているので、 記録を見
              ることが出来ます。
               今アップしている写真は2/26に走った、東京マラソンの28km地点、 浅草の
              雷門を折返した後のバックにスカイツリー。

              【60回勝田マラソン:1/29】風は弱かったが寒かった。長袖Tシャツの上に目立つ
              ように 昨年12月の横浜マラソンの完走賞の鮮やかな黄緑のTシャツを重ねた。手袋は
              しなかった。  少し体温が上がり長袖Tシャツをめくると、コースで曲がった後、
              風と太陽の 関係で寒く、数回めくったりおろしたりをした。20km過ぎからの飴は有効!
               予定は、10km45分,20km46分,30km47分,40km48分で3時間17分を目指した。
              結果は、10km44分,20km45分,30km48分,40km51分と後半息が上がらないが、
              脚が前に出なかった。ICチップでの計測はスタートとゴール以外ハーフのみ。1km毎もない。
                ハーフで1時間34分11秒、後半1時間44分32秒と後半に課題が残った。 自己ベストを7
              分更新し、3時間18分48秒が出ました。  
               全体では完走者9585人中1154位で11月の湘南国際では12003人中661位でタイム
              は 7分悪かったので、レベルの高い大会でした。AEDと医療班が途中少なかったが、
              私 設エイドが多く、好感が持てた大会でした。

              【東京マラソン:2/26】4回目のフル。タイムの自己申告をしなかったので、最後尾の
              グループのスタートで9:10の号砲から18分44秒後にスタート。前半ひたすら抜くが、
              参加者が多く、両側交通規制で6車線で走っても抜くのが大変だった。ほぼ、右側の
              歩道寄りを走った。  10km毎のラップ、47`29,48`44,49`39,52`27,11`43と
              前半で稼げず、 後半ばてた。40km過ぎに少し意識が遠のき、ペースを落とす。  
               峠走りの効果で、上りで周りより早かった。下りはまあまあな感じ。  4回目で、
              ギリ5分/kmを切ったが、サブ3.5は4秒足りず。  参加人数が多いからか、寒いし、
              どうせ後方スタートなので、ゆっくり目に 行ったら、トイレは足りず、ゴール後の
              ビッグサイトで、動線に沿って、外に出るまで、相当歩かされた・・・。  

               3/25の31回佐倉朝日マラソン、頑張ろう!

              横浜マラソン、自己ベスト更新するも今一歩

              0
                 翌日結果が出た。グロス1時間32分51秒(ネット1時間32分48秒、以下ネット)、
                一般男子で237位(2298人中)、総合では371位(2823人中)。10kmのスプリット
                が 42分46秒、5劼亮蠍気了計で20分52秒。それぞれ月例の最高タイムが42分32秒、
                21分2秒なので、前半健闘した。後半、ほぼ4分30秒/kmのペースとなり91分前後を
                目指したが、伸びなかった。  
                 しかし、昨年の大会では初の公道レースで、95分54秒で430位だった事を考えると、
                順位半分まで行かないものの3分以上自己ベスト(PB)を更新出来たのは進歩である。

                 当日は、鼻水が少し出る風邪気味で、気温が高くなり、風が強かったので、記録が
                伸びなかった要因か・・・。いいわけです。 月例で20kmのベストが86分21秒なので
                ハーフ換算約91分なので、それを抜きたかった のですが・・・。

                11/3湘南国際マラソン、ザブ3.5達成!と次回ハーフ

                0
                   最近は、友人から薦められた「Jog Note」にマラソン当日に 書き込んだので、
                  ブログに書いたつもりでいた。  ふとブログを思い出し、編集加工して投稿する
                  ことにした。  自己申告タイム順にAからGに分かれており、私はB。AとBで約
                  2000人弱か、AとBの方々の体型は、他のグループよりスリムだった。  

                   前回大会では勝手がわからず、D(4時間で申告)だったが寒かったので ギリ
                  ギリまで室内にいたら、荷物置場までが混雑し並べたのはスタート 10分前。ス
                  タートの合図から10分後にやっとスタート出来た、それまでは 歩き。  
                   
                   ペース配分の作戦は、前半で平均5分/kmから7分稼ぎ、20kmで93分、そこ
                  から35kmまでは5分/kmを維持し、それから6分/kmでどうにか3時間半切り、
                  と言うものだった。
                   結果のペースは10km が44分、20km が90分、30km が142分、40km が
                  195 分前後。前半10分稼ぎ、後半それほどペースが落ちなかったのが、勝因!
                   途中持参した飴を20km過ぎと35km過ぎに、給水所にあったのを28km過ぎ
                  に 口に入れたのが効いたと思う。
                    同じBグループで前半ほぼ一緒にペースで走っていたサラリーマン姿(鞄
                  を持ち、ネクタイはなし、靴は流石に運動靴)が最も沿道から声がかかり、
                  人気だった。ポケモンやお決まりのディズニー系よりも。
                   脱水症状は怖いので、給水所では前半は二回に一回、後半は毎回水を口に
                  入れた。ゲータレードは一か所目で飲んだが濃く感じたので止めた。
                   30km過ぎ(湘南大橋を渡った辺り)から、近くのボランティア方がフル ーツ
                  や、飴等を配っていた。エアーサロンパスを貸している方もいたそうで、 友人が
                  初フルマラソンで歩かず完走したのだが、とても助かったと言っていた。

                   次回の公道レースは12/4(日曜)、昨年初の公道レースだった横浜マラソン
                  ハーフである。昨年の記録は95分54秒、それまでハーフ以上の距離を走った
                  経験が8回しかなく、正式記録は月例で一回20kmで91分38秒だったので、
                  当時 として、きつかった。その後の練習の成果で、20kmのベストが86分21秒、
                  5km が21分2秒、10kmが42分38秒とよくなった。あわよくば、10kmの記録
                  を2.11倍 するとハーフの距離になり、JUST90分である。その2倍は、サブ3、
                  いつかは 狙いたい。

                  不安なまま11/3の大会へ・・・

                  0

                     
                     休日に上手く時間が作れず(天気にも恵まれず・・)最後のチャンス
                    の一昨日29日土曜に皇居の周回コースを走った。
                     29日は空いている早い時間にスタートしよう思ったが、朝方気温が上がらず
                    11月3日の湘南国際マラソンのスタートと一緒の9時に走り始めた。秋の
                    オンシーズンなのか駅伝を3組やっていた。うち2組は桜田門の近くの広場で
                    皇居周遊の起点がある場所をスタート&ゴールとタスキゾーンに使っていた。

                     25kmまではサクッと走れて、5分/kmを切っていた。ゆっくり目に走り始めたので
                    今回の目標サブ3.5(3時間半切り)に対し、いい感じのペースだった。

                     しかし、6周30kmが終わろうとした矢先に、意識が少し遠のき、膝が抜ける感じも
                    あり、走るのを止めた。気温は20度前後だったので、脱水症状だったと思う。
                    走る前に100ccの水、途中で300ccのアクエリアスを飲んだだけでは足りなかった
                    らしい。
                     本番への教訓になったが、11/3、30kmを超えた時に足が持つのか、ペースが何処まで
                    落ちるか未知数のまま3日を向かえるしかない。今年1月の初マラソン、同じ湘南国際
                    マラソンでは、2週間前に42kmを連続走れたので、距離の不安は無かった。

                     20km過ぎに舐めた飴は、脳に刺激になり、足が軽く感じたのは、せめてもの救いか。


                    ランニング小物と即、実践した書籍

                    0
                       走り始めて2年と3ヶ月になり、最近は月間13回前後、140km
                      程度走っている。三日空けるとよくないと本に買いてあったので
                      3日連続飲み会が入っている時は、スケジュール調整して夕方に走る
                      時がある。夏は、夕方より朝の方が涼しいので、朝走るのが好きで
                      ある。

                       ランニングは、お金がかからないスポーツではある。シューズ
                      と走りやすい服装でOK。最近流行の素足走法(私はやらないが)だと、
                      シューズも不要。相手も不要だし、場所も選ばない。
                       しかし、凝ってくると小物が増える。冬用の締め付けタイツ、アーム
                      ウォーマーは今は休んでいるが最近2つ増えた。
                       ランニング用の帽子は、日光を遮るだけではなく、頭からの汗を吸収
                      してくれて便利。後、防水型のランニングに適したウォークマン。軽いし、
                      耳からコードが出ないので走っていて快適。いつもSHUFFLEモード。



                      久しぶりに、読んでいて、即実践した本がある。
                      「人生がときめく片づけの魔法」
                      最近メディアに出てくる26歳のこんまりさん(近藤麻理恵)が著者。
                      POINTを書くと、
                       ・一気に片付ける
                       ・衣類⇒書籍⇒書類⇒小物⇒思い出の品、の順で
                       ・選択基準は、触った瞬間に”ときめく”か否か
                       ・モノの定位置を決める

                       早速、衣類で実践し、相当捨て、気分一新。男にとって、次の書籍と
                      書類の方が、難易度高そうである・・・。

                      ランニングフォームの考察

                      0
                         最近最も意識するのが着地である。先般紹介した本では、足裏全体着地 と二軸走法。

                         着地は昨日も山北の峠走を行い、ほぼ身に付いたと思う。そもそも、北海道 出身の私は雪道やアイスバーンで足裏全体着地で歩く事が出来る。東京で雪が 降ると滑る人が多いが、かかと着地を足裏全体に変えればケガは減ると思う。  
                          紹介した本では一軸走法を薦めているが、以下のサイトでは、二軸がアスリート ではない方向きと書いてある。先日、大船から鎌倉駅、滑川、鎌倉高校を折り返し (約21km)帰路の軽い下りで右膝外に痛みが出た。走るのを止め、歩きに変え、 痛みが和らぎジョギングペースで帰った。フォームを思い出すと、右足の着地が 少し中に入ったかなと。日本人の多くは膝から下の骨が少し外にカーブしている。 よって、ハードな練習を重ねると、膝を故障する人が多いのだと、箱根駅伝の 経験者から聞いた事がある。  それ以来、一軸を意識した走りをしていたが二軸に切り替え、膝への負担が 減ったのを感じる。  

                         余り書いていないが簡単に出来て効果的なフォームが手の甲を上に向ける 事である。サッカーのコミックに書いてあったのだが、手の甲を上にして少し 横方向を入れ手を振ると、人間の骨の付き方の関係で、楽に手が振れ、呼吸 が楽になる。手の甲を横や下にした場合と比べると直ぐに効果がわかる。

                          また腰の高さを高くとあるが、後半はバテテ難しい。昨年度参加した公道 マラソンの横浜、湘南国際、藤沢市民で、途中トップ集団とすれ違った際、 最大の差は腰の高さ≒足の跳ね上げだと感じた。  
                         スキーは北海道のローカル出身なので、幼稚園に入る前からやっていた。 大学4年の時に、集大成としてSAJの1級を取得した。インストラクターが言う には、上手く見せるには、腰を高く移動を最少限にとの事だった。腰はスポー ツ、歩きの要であり、ある種理論は似ている。
                         
                         

                         ピッチかストライドかも意識せず、早く走ろうとするとピッチも早く なるが、けりが強くなり腿の筋肉が上がり、ストライドも伸びるのだと思う。 私は身長181cmあり(親に感謝!)、皇居等で100mがチェック出来る場所 では、歩数をチェックしている。前半や調子がいい時は66歩前後、後半や疲れて 来ると、80歩弱まで変化する。心拍数よりもバロメーターである。


                        search this site.

                        categories

                        selected entries

                        calendar

                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        profile

                        mobile

                        qrcode

                        others

                        links

                        PR

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM