スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.12.12 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    手帳が青森から帰還

    0
       先週9日水曜、仙台出張の行きの新幹線はやての中に、手帳とシャープペンシルを忘れた。
      ランチ中に気づき、auのスマートフォンIS03で検索し、JR東日本の問い合わせセンター
      電話した。未だ、登録がないと言われた・・・・。DB登録まで時間がかかりますよとも。

       夕方再度電話すると、新青森駅!で発見されたと言われ、ほっとした。返還方法は2つ、1つは
      発見された新青森駅に行くか、最寄のJRの駅で「宅送依頼書」を提出。0.3秒で後者に決定。
      印鑑と身分証明書が必要だった。
       ヤマトの着払いで届いた。 青森からの帰還、心持ち手帳は冷たかった。

       私は、身に着ける物系で、携帯>手帳>財布>名刺入>万歩計>ハンカチ、の順なので、
      1週間弱(11日に届いたが、着払いなので宅配POSTに入らず)、とっても不便でした。

       スケジュール、Googleに登録しておいて助かりました。PCもそうですが、何事も、バック
      アップが重要ですね。
       

      初マラソン、3時間38分36秒で完走!

      0
          一昨日、第五回湘南国際マラソンに参加し、無事走り切る事が出来ました!!

         スタートは自己申告TIME順で、AからFとスタートするもののスタートの9:00から
        10分経ってからやっと走り出せた。私の申告は昨年5月のエントリー時だったので、
        確か4時間。Dで「7441」のゼッケンでした。10kmの5,000人はスタート時刻が
        違うものの、フルとハーフ(制限時間1時間半!)は18,000人が一斉スタート、チップ
        計測でネットTIMEがわからないと不公平である。文明の利器に感謝!

         10kmまでは、ほぼ右側一杯を走るものの人が多く抜きにくかった。1km毎に距離
        表示が出ており、全てでチェックはしなかったが(特に35kmを超えてからは時計を見
        る余裕がなかった)5km通過時に5分/kmを超えていた。10kmでやっと49分50秒と
        ギリギリ5分/kmを切るTIME。月例でもそうだが、前半飛ばして後半ペースが落ちる
        パターンは小学5年生の1,000m走(200mトラックを5周)から変わっていないので、
        焦った。
         20kmまでと30kmまでの各10kmは自分のペースで走れ、最初の10kmより早く
        なった。35km時に5分/km+1分の2時間56分で、残り7.2kmを6分/kmでもサブ
        4は達成だなと計算し走っていた。

         茅ヶ崎で「矢野院、がんばれ!」とプラカードまで作って一家5人での応援、辻堂で
        矢野院の命名者の方と奥様が沿道に出て、直接声をかけて頂いた。不思議なもので、
        直接の応援は、力が沸き、足のけりが強くなり、オーバーペースになった。折り返した
        後に、会場で出会ったリクルート時代の後輩も走りながら声をかけてくれた。
        (大体場所はわかっていたので、その時は左に寄った)

         カーボローディングを試した。残り一週間で前半炭水化物を極力取らず、金曜から
        炭水化物を大目に取った。その為か、途中で水分補給を4回行ったが、固形物は取
        らずに足は持った。エアーサロンパスを走りながら使っている人がおり、反則ではない
        ものの、効果がありそうで、いつか試してみたい。

         ユニフォームは迷った。下は、CW-Xのサポートタイツとランニングパンツでお決まり
        のパターンだが、上は寒さ(特に荷物を預けてからスタートまで)と途中の体温と気温を
        考えるとTシャツにアームウォーマー(腕にまき、取り外せる)では寒そうで、着替え用の
        同じようなポリエステル素材のTシャツを着こんだ。前半はそれで暖かったが、後半気温
        が上がり、松林が日陰を作らないコース途中では暑かった。ずーっと、汗が出ている
        状態で、後半汗が目に入り痛かった。体重は3kg減った。

         また、靴は特別協賛がNIKEだからではないが、NIKEのランニングシューズ。ASICS
        が人気があるようだった。今度、横浜ベイサイドマリーナに行って、NIKE,ASICS,ADIDAS
        を比べて見ようと思う。軽くてクッションがあるやつが好み。

         トイレは、応援の人と大会関係者、ボランティアを含めると4万人位だそうで、スタート
        までの1時間、どこのトイレも長蛇の列であった。もう少し、どうにかならないものか。

         交通手段、行きは平塚競輪場から会場までの送迎バスが当選し、4時半に起き大船から
        始発で向かった。朝6時のバスは、会場に着いても外は暗かった・・・。帰りは、大磯港までの
        シャトルバスで、帰りは分散するので、大磯駅からも座れた。

         12月5日の横浜マラソンでは、8,000人の参加で、翌日AMにランネットに記録速報と
        ゴール写真がアップされていたが、流石2.3万人ともなると26日の模様。

         また来年も参加したいと思う。次回のマラソンの目標はサブ3.5(3時間半切り)、5分/km弱
        が必要。前半4.5分/kmで稼いで、途中5分/kmになり、35km地点を5分/km−5分の170
        分で通過し、残り7.2kmを40分で走るペース配分で、自分に勝負!

        -------------------------
         26日に公式HPにグロスとネットの速報が出たので、タイトルのTIMEを45秒から36秒へ
        変更した。グロスで男子完走者11,913人中、2,513位(前から21.1%)ネットだともう少し
        前か。完走率は90.9%、制限時間1時間30分のハーフの完走率は何と27.9%だったそう。
        ゲストの猫ひろしさんは、ハーフを1時間16分41秒で10位のTIME、早い!

         

        42km前後を走り通せた

        0
           昨日8日に皇居周りで42kmを連続走破出来た。
          後半1km6分を超えていたが、手元の時計では3時間
          52分15秒であった。サブ4ではある。
           ハーフまでの距離を5分/kmに抑え、後半に備えた。
          12/23のトライの時のように、足が前に出ない兆候は
          30km手前であったもののその峠を越えると、どうにか
          足は動いた。これで、23日の公式初フルマラソンへの
          自信が付いた。
           来週は前半タンパク質中心で、後半炭水化物多目の
          カーボローディングをする予定。

           辻堂に住んでいる「矢野院」の社名を付けて頂いた方
          から電話があり、23日応援に沿道に出てくれるそう。
          ありがたい!

           天気が心配になって来た。

          年始でいつも思い出す事

          0
              リクルート時代に年始の会で、亀倉雄策さんが存命だった頃の話しを毎年思い出す。
            「年始に”今年は、*****をやる!”とか言う人に限って、やらない事が多い」と。会場で、
            どっと笑いが起こった。
             「年始は通過点であって、自分の気持ちのスイッチが入った時が重要なのだ」と言うような
            主旨の話しをされた。

             亀倉さんは、日本一のグラフィックデザイナーであると思う。東京オリンピックのポスターや、
            NTTのダイナミックループ、リクルートのカモメマーク、Gデザインのマーク等、数え上げれば
            切りがない。カモメマークを作って頂いた縁で、一時期リクルートの取締役をされていて、その
            時に聞いた話しである。

            初フルマラソンに向けて

            0
               なかなかまとまった時間が取れず、やっと昨日10時頃から皇居を走った。
              調子が良ければフルマラソンの距離、42.195km(皇居8.5周)走る予定
              だったが、32匐疂佞把めた。

               昨日は天皇誕生日で午前中一般参賀があり、大回りでコースを取る必要
              があり、コースの1/4は人が多く走りにくかった。歩行者にとっては、逆にラン
              ナーが危険な存在であるが・・・。

               夏に皇居を5周25kmを走った経験があるが、25kmまでは普通に走れたが、
              超えてからガクンと足が重くなった。そして、30kmを超えた辺りから、急に足が
              前に出ない状態に。歩くより早いが、ドンドン抜かされた。
               以前、大学と会社の後輩でトライアスロンの達人に、走行距離を伸ばす場合
              20%づつ位がベターであると聞いたのを思い出した。足は正直であるのを実感。

               11月のNIKEのイベントで、オリンピックのマラソン選手だった川嶋さんから、
              のアドバイス。「ゆっくりでいいので、一度フルマラソンの距離を走って、足に覚え
              させた方がいい」1月23日の湘南国際マラソンに向けて、再チャレンジ予定!


              search this site.

              categories

              selected entries

              calendar

                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << July 2020 >>

              archives

              recent comment

              recent trackback

              profile

              mobile

              qrcode

              others

              links

              PR

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM